ほぼ日手帳2012

カバーラインナップが昨日発表されました。
毎年この時期になるとソワソワするわけですが
今年も例にもれずソワソワしながら発表を待っておりました。

ほぼ日手帳を使い始めたのが2006年で、
2012年で7年目になります。
最初の年はまだ無地のカバーしかなくて
それでもどの色にするか悩んだものですが
翌2007年から柄物のカバーが登場して、
その後年々、種類が増えてさらに悩みが大きくなったわけです。

昨年吉田カバンとのコラボでショルダーバッグ的なものが登場したと思ったら
今年はポーチタイプまで登場しました。
いろんな選択肢があって良いとは思うんですが
私としてはプリントカバーの柄のバリエーションや
無地のカラーバリエーションが増えたほうが嬉しい気がする。
バッグやポーチはもはや手帳じゃない気がしちゃって…
ま、そういうものを待ってる方もいると思うので否定はしませんが
私は純粋にカバーと呼べるものの選択肢が増えたほうが嬉しいな。

来年、どうしようかなー。
今年、ファブリックを初めて使ってみたところ、
ちょっと汚れるんですよね。
カバーオンカバーかけられないですしね(´・ω・`;)
まぁ、汚れも使った『証』として良いとは思うんですが
来年はナイロンカバーにしようと思ってたのに
第一印象でいいなと思ったのはリバティのEmilyなんですよね。
ファブリックだよー(笑)どうしよう。
プリントカバーだったらsunuiさんのチェックだなー。
うわぁ迷うぅ…
まだお値段が発表されてないから
それを確認してから決めようかな。

うぅー迷いの季節。
[PR]
by kenmani-paradise | 2011-08-19 17:35 | 日々よもやま

mikiyannの日常をお送りしています☆ バリバリの群馬県民


by mikiyann